忍者ブログ
愛琉翔×旦那×息子 奮闘日記  デコレーションにも力を入れてます
★ADMIN★
  ★ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  ★ カウンター
  ★ プロフィール
HN:
紅音 愛琉翔
年齢:
28
性別:
女性
誕生日:
1988/11/25
職業:
IT企業のテレオペ
趣味:
作詞・裁縫
自己紹介:

   ★記念日★ 2011.12.01
    ★同姓★  2012.04.29



紅音 愛琉翔(クオン アルカ)です。

旦那と付き合って間もないですが、一緒に暮らしております。
新婚です。

2012年10月16日に男の子を出産。
あっきー君と名付け、一児のママです。
  ★ 最新記事
(02/02)
(02/01)
(01/14)
(01/08)
(01/07)
  ★ 最新CM
[02/04 あかね]
[01/07 あかね]
[01/06 香織]
[01/03 あかね]
[11/17 あかね]
  ★ ブログ内検索
[53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43]
★2017/10/19 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2012/10/29 (Mon)

ご無沙汰しております、愛琉翔です。
出産&入院の為、更新できませんでした。


今日からブログ、復活!!!
ただ、前の様に毎日更新出来るか怪しいかも。
子供の面倒みないと…。




13日にやっと車がきました。
バタバタして更新出来なかったけどね…。


そして14日、旦那と二人っきりでデートをしてきました。
実は出産予定日w
おしるしが無かったし、15日の午後から入院だったので最後にデートして来たんだ。
なんか、旦那がシフト変わってくれとか言われたらしい。
イラってした…。 
最後の日くらいは二人で居させろよって。
でも、旦那は断ってくれたよ。
今日デートするって事、前々からの約束だったし。

ホント、最後のデートは本当に楽しかった!
旦那の運転で、二人っきりで初めて遠出した。
ご飯食べて、大量のウサギと触れあってきたw
入院に必要なものも、最後に買い物してきたんだよ。
夜はそのまま疲れて寝ちゃったけどね。

そして15日、入院当日…。
正直さ、私が入院中にこの家が色々荒らされるんじゃないかとか考えてた。
それを旦那に予め話してあったんだけどね。
初めての出産だし、暫く旦那と離れ離れだし、色々と不安が重なってた。

15日に入院になった理由は、前にも書いたけど陣痛促進剤を使う事になったから。
子供の頭が私の骨盤ギリギリかもしれないって医者に言われた。
これ以上遅れたら帝王切開になる可能性もあるって。
危険回避の為、入院になったんだ。

でさ、なんかお腹に鈍痛感じて目が覚めた。
寝惚けながら旦那とゴロゴロしていたんだけど、おしるし来てた。
…陣痛?
って思ったけど、感覚がまだ不定期だった。
生理痛みたいに痛かったんだけどね。

旦那の親と三人で最後に外食して、病院に…。
初日は促進剤服用して様子見るつもりだった。
陣痛が来なさそうだったら次の日にバルーン入れるって予定だったんだ。
…でもさ、去年の12月に喘息でぶっ倒れた事話したら、急遽薬使えないって言われた(泣)
親からは「喘息治ってるから、なんでもない」とか言われてきたんだけどさ…。
で、急遽初日からバルーン入れられた…。

マジで痛いってもんじゃない(泣)
無理矢理に子宮口開かされるから、尋常じゃない痛みだった…。
入れられた瞬間から痛くて痛くて足が震えてたもん…。
お腹張るし、張る度に生理痛以上にお腹痛くなるし。

旦那が付いててくれた。
お腹が痛くなる度に深呼吸する様に促された。
思ったよりバルーンがすぐ抜けて、担当の医者と看護婦さんが話し合ってた。
途中で旦那が帰ったから、ちょっと心細かった…。


「おしるし来たって言ってたし、もしかしたら今夜が山場じゃない?」
「促進剤使わなくても全然行けるね!」

と、看護婦さんと医者が…。
お腹の張りと痛みと共に、結構怖くなってきた。
夕方から一人になって、隣にいたおばさんに声かけられた。
めっちゃ励ましてくれて、泣きそうになった…。


夜になって本格的な陣痛が来た。
陣痛室に入って旦那に連絡…。

もう、あまり記憶にないんだけど相当痛かったよ。
旦那と、旦那の母さんが陣痛室で付き添ってくれてた。
もう、怖くて怖くて仕方が無かった。
痛くなる度に震えるし、涙が出た…。
後で気づいたんだけど、旦那と旦那の母さんの手、めっちゃ抓ってた。
子宮口8センチ当たりが、一番痛かった気がする…。
それ以降は体が勝手に力が入って、いきみたくなった。
精神的にも肉体的にも、本当に限界感じた。
意識飛びそうな感覚すらしたの記憶にある。

凄い叫んでてさ。
さっきのおばさんが居た部屋まで聞こえてたらしい。
そのおばさんがナースコール押して、「彼女、大丈夫なんですか?」って聞いてたらしい。
優しい人だ…(泣)

子宮口が10センチ開いて、陣痛室から分娩室に運ばれた。
ベッドから台まで、自力で上がらなきゃならなかった。
それすらも、キツかったよ。
体は未だに震えるし、半端じゃないくらいお腹が痛かった。
準備されてる間もいきみたくなるから深呼吸で紛らわせてた。
助産師さんに破水させられたんだけど、痛みは無かった。
ただ、なんかパーンって音がして水が漏れてきた感覚だけはあった。

立会出産だったから、旦那が側にいてくれた。
陣痛の波に合わせていきむんだけど、いついきんで良いのか分からないくらい朦朧としてた。
いきんでもやっぱり出て来なかった。
頭は見えてたらしいんだけど。
担当の医者が「紅音さん、陣痛に合わせて切るからねー」って言ってた。

何だか急に怖くなって、その直後の陣痛で思いっきり腹に力入れた。
陣痛の波が治まってもいきんでたらしい…。
で、医者が切る暇も無いくらいに頭が出てきたらしいよ。
私は記憶にないけど…。
あまりにも早く出て来すぎて、切るタイミングが無くてちょっとしか切る余裕が無かったらしい。
初産なのにいきむの上手って言われたんだけど、その代償が…。

あちこち裂けた(泣)
子供が苦しくて、中でウンチして、その羊水飲み込んじゃったらしい…。

頭が出てきた感覚も分からなかった。
気付いたら赤ちゃんの声が聞こえて、旦那と二人して叫びながら泣いた。
二人してあんなに泣いたの、初めてだったかも。
泣いて喜ぶくらい安心したし、ずっと寄り添ってくれてた旦那に、凄い感謝した。

体重2962g、身長51㎝。
元気な男の子だった。
顔は旦那にそっくりw
私に全然似てないよ…。
エコーで見た時から思ってたけど、寝てる時の旦那のポーズと同じ態勢してたw
助産師さんが、写真撮影の時に凄い苦労してたよ…。
体重と身長が書いてある紙を側に置いて撮ろうとしてたんだけど、
子供が紙を懸命に弾いてたらしい。
産声上げてからすぐ泣きやんだと思ったら、あちこち向いて落ち着きなかったらしいしねw

分娩室に入って20分くらいで生まれたらしい。
初産にしては凄い早い方らしい。
医者に誉められた。
へその緒切ってすぐに写真撮影された。
その後、色々処置されてたんだけどさ。
私はあちこち切れたから縫われてた…。
生まれた子供は、写真撮影とか体重と身長測られてた。

旦那が、凄く嬉しそうだった。
意識朦朧としてたけど、ハッキリ覚えてる。
あんな嬉しそうな表情されたら、痛くても頑張って産んだ甲斐があったって思うよ。
子供の顔見てから、ずっと涙が止まらなかった。

記憶にないんだけど「もう無理~」って叫んでたらしいw
でもそれくらい、本当に痛かったんだってば!



出血の量は人より多かったらしい…。
あちこち裂けたせいで、麻酔抜けたら暫くめっちゃ痛かったよ。
そして、入院生活が始まったんだけどさ。
やっぱり総合病院にして良かった!
個人病院通ってたんだけど、親に進められて転院したんだ。
本当は個室希望だったけど大部屋が良いよって言われてたしね。

ママ友さんが出来た。
入院中、真向かえに居た人と沢山情報共有してたよ。


産んだのが夜中だったから、昼から頑張って同室にして貰った。
でも、やっぱり体力に限界来てすぐに助産師さんに預けた。

…子供と同室出来たの、その日だけ。
羊水混濁で赤ちゃんの検査したら、雑菌反応出て、更に数日後には黄疸も出たんだ。
暫く点滴されて、可哀相だった。
黄疸は光学治療されてた。

退院する前日、助産師さんに呼びだされた。
検査の結果次第では、一緒に退院できないかもしれないって言われた。
それを聞いて、助産師さんの前でめっちゃ号泣した。
無理矢理いきんだからいけなかったのかなって…。
周りは赤ちゃんと一緒の部屋に居るのに、私の子供だけは一緒に居れない寂しさ。
子供と接する時間が短い事に対して、知らず知らずの内に自分責めてたんだって気付いた。
ボロボロ泣いてたら助産師さんに慰められた。
心のケアっていうのかな…。
「お母さんのせいじゃないですよ、ちゃんと母乳もあげてるじゃないですか」
「不謹慎かもしれないけど、赤ちゃんが一緒に退院できなくても
 旦那さんと一緒に過ごせる時間が増えたんだし、ゆっくり過ごしても罰は当たらないですよ。
 本当に赤ちゃんと一緒だったらそんな時間取れないですから」
って。
その助産師さんも同じ経験したらしく、親身になって相談に乗ってくれた。
ほんの少しだけ、助産師さんも目がウルウルしてた。
病室に戻ってからも、旦那に泣きついたけどね…。


退院当日、午前中に退院希望したんだけど結果待ってもなかなか来なかった…。
やっぱり駄目だったのかなって、怖くなってたら助産師さんが来た。
アドバイスしてくれた人じゃなかったんだけど、入院前に母乳が出る様に指導してくれた人だった。
めっちゃ笑顔で「紅音さん、もう聞きました?赤ちゃんの結果!」って。
聞いてないって答えたら「一緒に退院できるようになったんだよ~!」って。 
助産師さんも嬉しそうだった。
思わず、また泣いてしまった…(泣)
その数分後に、また別の助産師さんが来て、同じ事言ってきた。
きっと、私が小児科の先生に呼ばれる前に早く報告しようと思ってくれてたんだな…。

最後に挨拶しに行った時、看護婦さんや助産師さん全員に
「一緒に退院できて本当に良かったね!」
って言ってくれた。
頑張って母乳上げてきたからだよって。
優しい対応に、目がウルウルした…。



退院してから27日まで、自分の実家に居た。
旦那は毎日じゃなかったけど、子供と私の顔を見に来てくれた。
来るって言ってて来なかった日があって、病んだ事もあったよ…。
仕事だから仕方ないって思ってたけど、旦那と会える事が楽しみにしてたから…。
その日、旦那から電話が来て色々話し合って、めっちゃ泣いた。
「俺の子供を産んでくれてありがとう。愛琉翔で良かった」って言われて、暫く一人で泣いてた。
なんで旦那は、言って欲しい言葉をストレートに言ってくれるんだろうって…。

本当は一週間…28日まで実家に居るつもりだったんだけど、一日早く戻ってきた。
と言うのも…。
隣に住んでいる妹と子供がロタウイルスにかかって、更に26日から末っ子の妹にも感染したらしくて。
移ると困るし、念の為早く帰る事にしたんだ。

旦那の母さんが面倒みてくれるって言ってくれてたんだけど…帰ってからトラブル。
子供のお風呂入れて、そのまま帰っちゃったんだよね…。
買い物は旦那の姉さんが行って来たらしいけど。

産後二週間くらいは水触るなって言われてたんだ。
だから実家に行ってたんだけどね。
でも夕飯用意しないといけないし、洗濯物もしなきゃならないし、子供は泣くし…。
旦那はさすがに疲れて寝ていたから、起こすのも可哀相だ…って思って。
全部やったよ…。
思いっきり水触った。
親に料理の手順分からなくて電話したら、「なんでアンタがやってんのさ」って怒ってた。
サツマイモなかなか切れなくて大きい音したせいで旦那が起きてきた。
咄嗟に止められた。
で、旦那がキレて母親に電話してて大喧嘩してた。
あんなに怒ってる旦那、久々に見た…。
私の母さんは絶対に止めるなって言うし、水は触らない様に仕度してた。
喧嘩は、最終的には解決したらしい。
私には良く分からないけど…。


…ご飯、失敗したよ(泣)
もう初っ端から駄目だったんだけどさ。
サツマイモの煮物作りたくて母さんに聞いたんだよ。
確か大根も一緒に煮込んでたって思って切った後に電話したら…
 「うちでは大根なんて入れてないよ」
…やってしまった(:_;)

味付け的に大根美味しくなくなるよって言われたけど、切ってしまったからやってみた。
…煮込んでる時に味見したけど、笑える程おいしくなかったw
自分なりに調味料足したら、最後には良い感じになったから良かったけどさ…。
昨日の夜、旦那の友人が赤ちゃん見に来てくれてその料理食べてってくれたんだ。
美味しいって言われた…良かった(>_<)
材料失敗したけど、何とか味付けでごまかせて良かった…。



今日、これから出生届けと保育園の申請とか色々出してくる。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao